混沌の騎士団

混沌魔術のやり方:呪文の作り方

混沌魔術の入門書-黒の書を混沌魔術師が分かりやすく解説(3)

混沌魔術のやり方:呪文の作り方

 

今回は「黒の書」の呪文と印の操作の章の解説として混沌魔術の呪文の作り方について書こうと思います。

ここでいう呪文というのは小説・アニメ・漫画・映画等であるような決まった言葉を決まったイントネーションで唱えるというようなモノではありません。
今回の呪文は混沌魔術師自身が印形と同じように作って使用するものです。

解説にはあまり関係ありませんが私が一番よく使うのもこの形式です。
作るのが簡単で使いやすいですし個人的な経験則ですが効果が早くでるので好んで使っています。

「黒の書」には印や呪文の作り方には二つ紹介されています。
A:トランスモード、魔術モード(マジカルモード)で作る方法。
B:ニュートラルモードで作る方法。

Aの方法は儀式などを用いて呪文を得る方法です。混沌魔術では啓蒙魔術や憑依魔術などを行うことによってこれが得られます。(それらを得るためには場合によっては魔術を行っている最中の録音や録画が必要になるかも知れません)
こちらは少し複雑なので今回は省略します。興味がありましたら「黒の書」の意図的憑依魔術の章や混沌の騎士団の刊行物をお読み下さい。

Bの方法はニュートラルモード(通常の意識状態)で作成する方法です。今まで解説してきた平仮名やイラストから印形を作る方法はこちらに属します。
今回呪文を作る方法もこちらの方法になります。

それでは呪文の作り方の解説に入ろうと思います。

①願望を文章化する。
まず自分の願望を文章化します。
ここで願望を平仮名で作る方法、英文で作る方法、ローマ字で作る方法など、いくつか方法がありますが平仮名で作る方法とローマ字で作る方法を書いてみようと思います。
今回は「私の願望は幸運なできことが起こること」という例文から呪文を制作していきます。

②重複する文字を削除する。
呪文が長くなってしまうので重複した文字を削除します。
重複した文字でも残したい文字は削除せず残すなどしても大丈夫です。
平仮名で願望の文章を書くと「わたしのがんぼうはこううんなできごとがおこること」
ローマ字で「watashi no ganbou ha kouun na dekigotoga okorukoto」

③文字の順番を入れ替える。
残った文字を入れ替えて呪文を作っていきます。
平仮名とローマ字でそれぞれ作った呪文は以下のようになりました。

・平仮名Ver : たしのわ はぼんうが ごきでとなこ るこお
・ローマ字Ver : niwosat hubg kde

平仮名の方は少し長いままですが読めます。
しかしローマ字の方、これでは読むのが難しい状態になりました。
日本語はすべて子音+母音で構成されるので重複を全て消していくと母音は最大で5つしか残らないため基本的にこの状態になります。
このままでも呪文として使うことができますが更に調整を加えることもできます。

④呪文を整える。
唱えやすいように或いは自身が気にいった呪文になるように文字の入れ替えや付け足しなどを行う。この作業はやってもやらなくても良いのですが、デコレーションと同じような感じで調整していきます。

以下は例えばこんな風にすることもできるという例文です。
・平仮名Ver :せしたのわ はぼんうが ごきでとなこ るこおせ
呪文の前後に「せ」を追加するという単純な装飾です。単に響きを整えただけです。
こんな感じで自分でルールを作って文字を追加していきます。

・ローマ字Ver :Niwosata hubegi kode
今度は子音のみの部分にはa e i o u(以下繰り返し)の順で母音を追加して日本語読み出来るようにするというものです。これも同様に自分でルールを決めて追加すれば良いと思います。

平仮名・ローマ字両方に共通するのですが、あらかじめよく使う追加効果の呪文を作っておいてそれを今回作った呪文中にちりばめて装飾したり、或いは自身の信じる象徴体系で願意に対応する音等を呪文に盛り込む等もよいと思います。テレビのラッキーナンバーを信じるならばその番号をその日の呪文に盛り込む人もいてもよいかも知れません。
こんな感じで自身の思うままに追加したり整えたりします。

⑤呪文を使う。
作成した呪文の使い方はいくつかありますが一番シンプルなのは魔術意識モードで呪文を唱えるというものです。

どのような方法でも魔術意識モードになりさえすれば大丈夫です。その例として以下に3つの方法を紹介します。
・死の姿勢:死の姿勢による魔術意識モードで作った呪文を唱える方法です。
(これは「黒の書」の騙されている!死の姿勢の章をご参照ください)

・感情起爆:激怒、悲哀等の感情をひたすら高め、感情のボルテージがMAXになった時に呪文を怒鳴る、叫ぶ方法です。

・聴覚集中:これは作った呪文をひたすら唱え続け、その唱え続ける声に全意識を集中する方法です。

(これを継続して行うとトランスになりそこから更に集中を継続すると魔術意識に突入します。)

これで今回の解説は終わりになります。

混沌魔術のやり方、印形や呪文の使い方などもですが色々方法がありますので試して楽しんでいただけたら嬉しく思います。

最後までお読み下さった方々に感謝致します。

Libertin7